合コンからの婚活♪

婚活と称して合コンをしました!
4対4の合コン!5歳年上の会社の先輩の紹介で開催したので、私的には相手の男性の年齢もちょうどいい感じ?!ということで、結構楽しみにしていきました!
どんな格好がいいんだろう。。と思い、とりあえずあったかい季節だったので、上は白のブラウス。ありきたりだけど、受けがいいかなぁーと思って笑
ボトムは柔らかい色のイエローのスカートにしてみました。
いざ!4人集合して合コン会場へ!
男性陣は思った通りみんな年上で、いい感じ。
お店も選んでくれたんですけど、ご飯も美味しいし、広い個室で、くつろげていい感じでした。いい感じだね?なんて女の子同士でニコニコしていたら、何から飲む!?と男性陣リードしてくれて、これも女性陣的には嬉しい流れ。やっぱりリードしてくれる男性たちじゃないとねーってことで入りはおーけー。
その後飲み物が来たら、とりあえず乾杯!乾杯してから男性陣から軽めに自己紹介。ここで喋り方とか雰囲気チェック!2人はスラスラ話してたけど、2人はなんだかぎこちなさ過ぎて、うーんって感じ。でも色々話してみなきゃわからない!結構全員話してくれる男性だったので、話に詰まることもなく楽しい3時間を過ごせました!
二次会でカラオケに行って盛り上がりました。
次の日、意気投合した方から連絡をもらって2人でデートを重ねました。今はその人が彼です。
まだ付き合いたてですが、長くお付き合いできれば結婚までいくといいなと思っています。

 

おすすめサイト→婚活 一人参加

ネットで申し込みの婚活パーティー

私の婚活経験の話をします。まずは合コンですが、私は週末よく友達とお酒を飲みに外へ繰り出すのでが、差所は普通に女の子だけの女子会でガールズトークからはじまりますが段々と酔ってくると友達の一人が男の友達を電話で呼んでほぼ合コン状態になりますね。しかし、お酒が飲んでる女子会から始まっているので婚活するぞってモードではないので結構、飲んだ帰りにそのまま男の家で留まってしまったり、知らずにラブホテルにいたという事もあります。婚活パーティーにはネットの申し込みサイトで参加したことがりますが、思ったよりガツガツした男性が多いのに俗にいう今風の低収入所得者、ニートが多いのが現実です。よくテレビとかで観る重役クラス、年収1000万円ですみたいなイケメン坊ちゃんは逆に少ないです。それに居ても自分みたいな22歳頃まで売れ残ったようなフリー女子は、チャンスがないというか逆に参加しても声を掛けてくるのがオタクだったり、バツイチのオジサンだったりがその他例外だったりするのでネットの婚活は、あまりどうかなと思います。しかし、友達とたまに街コンだったり、友達の職場の男性を誘ってドライブ出たりすることもあるのでその時には少しイケるかなこと人みたいなのはありますが今は全くですね。

 

おすすめ婚活サイト→結婚相手 探す

自分に合った婚活スタイル

結婚適齢期もずいぶん過ぎ、周りがどんどん子育てをしていく中で、自分はまだ結婚に対する意識も低く現在の生活で十分満足していました。
しかし、友人は子育てなど気がつけば育児の話ばかり。なんだか取り残されたような気分になりました。
そして今後の人生を考えたとき、今はいいけど老後の心配・・・
これは早く結婚し、子供を作り家庭を持ちたいと真剣に思うようになりました。ずいぶんのんびりしていますが(笑)

これまでも「婚活」を意識していなかった訳ではありませんが、なかなか自分の思うような人に会えなかったのが本音です。
色んな出会いの中で自分に合っているけど勇気が出なくて踏み込めなかったけど、最終手段としたのが「婚活パーティー」です。

人見知りもあるし自分にも自信がなかったこの私が意を決して行く気になったのは真剣だったからです。
思い切って婚活パーティーに参加してみました!
たまたま知人が開催したパーティーだったのでアットホームなイベントで気楽に行けて内容も本当に楽しかったです。
お陰様でカップルになることが出来ました。

色んな出会いがありますが、自分には「婚活パーティー」が合っていると感じました。
みんな真剣に参加しているからこそ、同じ土俵で共感したり、知ったり・・・
向き合えるからです!
そしてイベントのスタッフの方の熱心も伝わってきて最後は素晴らしい形になります。
けっこう感動しますね。

カップルとして成立したときの感動は素晴らしいものでした!

 

バツイチ 婚活

バイトの時は出会いが多かったよ。。。

当時、バイトをしていた頃そもそも出会いが多かったです。バイトといっても朝早くから夜遅くまで一日中仕事で体力も使いますし、大変ですがコミュニケーションをたくさん取れます。ちょっと変わり者が多いですが、私自身も変わり者なので、ちょうどいいくらいでした。年上の人がほとんどなのでご飯に誘われたりする事もあり、2人でも何人かでも行ったりしました。ターゲットというかいいなと思う人は正直1人いたかなくらいでしたが、話してみなくちゃわからないし、という気持ちでご飯に行ったりしました。結局好意を持っていた人と距離が縮まりお付き合いすることになりましたが、同じバイト先で変わり者が多いため、みんなに、付き合ってるなんて話せずでした。結果言ったところで茶化されるのもわかってました。こそこそ付き合うのも楽しかったですが、まぁ辛い時もありました。必ず誰かと会うところへは遊びに行けなかったです。そのくらいこのバイトは人数が多いバイトでした。女の子が三分の一いるかいないかの割合だったので、気持ちさえつかめば、選び放題でしたが、なかなかこの人いい。と思う人が私にはいなかったです。
不規則な生活なので太ってる人がまぁまぁ多いという事もあったんですけど、結果交際し続け結婚することになり仕事もやめることができました。

 

お見合いパーティー 体験

婚活サイトでの婚活はどうですか?

30歳になったとき、大手結婚情報誌が主催する婚活サイトに登録しました。メッセージのやり取りをするには顔写真を載せないといけなく、抵抗はありましたが、一ヶ月だけと思い始めました。

登録に当たり、年齢、居住地、出身地、職業、年収、趣味、身長、体型、家族構成など、自分についても希望相手についても、細かい項目を記入するのがけっこうたいへんでした。

子どもが欲しいか、結婚後仕事は続けたいか(続けて欲しいか)といった理想の家庭像の設定もあって、漠然としていた結婚へのイメージを、改めて考え直す機会にはなりました。

登録内容を元に、設定した希望条件に近い人10人を毎日紹介してくれる、というシステムでした。

それとは別に、希望条件で相手を検索し、コンタクトを取るということも可能でしたが、絶対に譲れない条件がはっきりと決まっているわけではなかったため、ほとんど検索はしませんでした。

元々マメな性格でないこともあり、毎晩一回サイトを確認し、挨拶がきていたら挨拶を返し、メッセージがきていたらメッセージを返す、という受身な姿勢で続けていました。

ファーストコンタクトとしての挨拶は、毎日のようにもらえました。

そのうち2人と毎日のようにメッセージをやり取りするようになりました。

結果的には、2人とも実際にお会いしました。そして分かったのは、「会う前の時点で感じた違和感は正しい」ということです。

1人目の方はマメに連絡をくれる方でしたが、毎日長い日記を読まされているような内容で、その内容を拾ってこちらが返事をしても、次に返ってくるメッセージはまた日記、という人でした。そして、ときどき酔っているのか「女神様」とか「お姫様」とか呼んでくるのが嫌でしたが、「会って話してみれば違うかもしれない」と思い、お会いしました。

会ってみるとまったく話をしない人で、こちらから色々と話題を降っても広がらず、それなのになかなか帰らせてもらえず、非常に疲れて終わりました。

後日、丁寧に断りの連絡を入れた際は、同じように丁寧に返事がありましたので、悪い人ではなかったと思います。

2人目の方は、やたらと「合理的」を主張する人で、「会ってお互い良いと思ったらすぐに付き合いたい」という発言に疑問を持ちながらも会ってみたところ、顔を合わせて五分も経たないうちに「付き合うかどうか、今ここで決めてほしい」と言われました。

驚きながらも「そんなすぐには決められません」と答えると、「じゃあ無かったことにしましょう」と言われ、終わりました。あれは体目当てだったのかと思います。

結局、婚活サイトでご縁は繋がらなかったのですが、気長に続けていれば良い出会いがあったかもしれません。

ただし、男女ともに条件で探し合う場であるため、割り切った相手探しだという意識が必要です。

どんなに魅力的な人であったとしても、煙草を吸うとか、体型が太めといったちょっとした条件でふるい落とされてしまうのはもったいないと思いますし、逆に公務員で身長が高いというだけで人気がある男性もいました。そういう、譲れない条件がはっきりしている人には向いている手段なのでしょう。

40代 婚活

 

婚活で出会った変な人

婚活パーティーで出会った男性の中にはちょっと変わった方もいらっしゃいます。多いのが、案外自信満々な人ですね。婚活を始めたばかりで相場よりも年収が高めの男性に多いと思います。30代になってようやく婚活を始めたけど、どうせすぐに相手なんて見つかる、それだけの年収は稼いでる!って雰囲気がすごく出ているのだと思います。すごく上から目線のアプローチをしてくるような人が多いと思います。

私が当時結婚相手に求めていた条件ですが、公団住まいだろうが節約必須だろうが何でも良いので、子育て中一馬力で頑張れるだけの男性でした。ある程度の収入と、妻子を大切にする心。そのため、どんなに収入が良くても上から目線の男性は対象には入っていませんでした。でも、カップルになれないとなるとなぜダメなのか直接聞いてきたりするんですよね。これって婚活パーティーではマナー違反だと思うのです。

逆に女性慣れしていなくてオドオドしているけど、話してみるとすごく優しい男性もいらっしゃいます。私は婚活パーティーで知り合った男性と結婚したのですが、今の主人がそんなタイプの人でした。ちょっと甘えん坊ですが責任感も強く、今は転職も成功して収入も倍増しました。でも、何だかんだ大切な時に妻子を支えられるかどうか、逆に相手が辛い時に自分は相手を支えられるかどうかが重要だと思います。

 

社会人 出会い

結婚相談所を活用しての婚活!!

現在は仕事が多忙になったため休会中ですが、結婚相談所オーネットで活動していた時の体験談をご紹介します。オーネットはプランにもよって異なりますが、毎月一定人数の申込ができたり、数通の紹介書がネット上で発行されます。それを通じてネット上のやり取りから始まり、会ってみたいと思ったら相手の方と会うという流れになります。婚活パーティーと異なる点は、入会にあたり独身証明書や収入や学歴を証明するものの提出が必要であるため、安心して活動ができるということです。パーティーなどではそこまでの書類提出は求められないので、正直どんな人がいるかわかりません。また、ネット上である程度お互いの条件や外見、掲示板でやり取りする中で自分に合っていることを確認し双方の合意あって初めてお会いするという流れになるので効率よく自分に合った人を見つけられるというのもメリットです。一方でネットでのやり取りだけで終わってしまうことも多くあるので、とにかく直接沢山の方に会っていく中で婚活していきたいという人には少し物足りないかもしれません。そんな人はパーティーなどと併用して活動することをオススメします。婚活は進めていく中で様々な人との出会いがあり、そんな中で嬉しいこともあれば凹むこともあります。しかし、自分を見つめ直し成長する機会にもなります。

 

婚活パーティー 大阪 30代

フェイスブックのお見合い

FacebookアプリのOmiaiを利用して婚活をしていました。婚活自体初めてのことでしたが、とりあえず画面上で相手の出身地や年齢、年収、結婚したいと考えている時期などが知れたため、始めやすく感じました。
とりあえず希望条件を絞って、そこから数名の方とお会いすることになりました。見ず知らずの方とお会いするのは少し勇気がいりましたが、メッセージだけのやりとりでは分からないことが、実感に会って話すことで知ることができたと思います。ですので、よくある婚活サイトでのメッセージのやりとりで関係を深めるタイプや、会場に集まってパーティー形式でお話しするようなタイプの、そのどちらのいいところも併せもった感じでした。
こうしてお会いした方のうち、二人から交際を申し込まれることとなり、その後一人の方と交際を経て、結婚に至ることがてきました。しかし、まだいまのように婚活ということに対してそこまでフランクな感じではないような感じでしたので、友達に馴れ初めの話を聞かれると困りました。利用したOmiaiアプリも出てすぐの頃でしたし、インターネット上での婚活には、なにか後ろめたさを感じてしまっていたのです。そのため、親には心配を掛けないために、友人には気恥ずかさがあったために、馴れ初めとしては「知人の紹介で」を通しました。私自身としては、婚活での出会いもひとつの自然なきっかけで、紹介や合コンとも変わらないと感じますし、積極的に婚活にチャレンジしたことでいまの幸せがあるので、婚活をしてみて本当に良かったなと思います。

 

婚活パーティー 再婚

合コンこそ出会いの基本!

私の、婚活エピソードは合同コンパ、いわゆる「合コン」というのものに参加したことです。
お恥ずかしながら、私は22歳という年齢にも関わらず、男性とお付き合いしたことがありませんでした。
そんな中で、高校の同級生に誘われ、去年の夏、合コンに参加することになりました。
私は社会人1年目で、仕事がいっぱいいっぱいということもあり、恋愛にまで手をつけることができないという言い訳をしてきました。
でも本当は、男性とお付き合いしてみたいという気持ちは人一倍あったのです。
その気持ちの表れか、集合時間の30分前には会場についていました。
会場は都内の居酒屋さんでした。
もちろん、合コンというものに参加するのも初めてなので、どういった立ち居振る舞いをしたらいいのか分かりませんでしたので、緊張していました。
男女3人ずつでしたが、私以外は全員合コン経験者のようで、ますます緊張しました。
親友から頂いたアドバイスを元に、自己紹介をしました。
私は都内で歯科助手をしています。
それは言った方がアピールポイントになると入れたので、言っておきました。何故だかはわかりませんでしたけど。
たくさん緊張し、挙動も不審だったと思うのですが、運良く目の前にいた男性が声をかけてくださって、2人だけで二軒目に行くことになりました。
それからしばらく連絡を取り合い、付き合うことになりました。あと一週間で半年記念になります。

 

婚活パーティー 京都

趣味婚はイカガですか?

私の趣味はユースホステルです。

ユースホステルの同好会に所属していましたが、他の女性ばかりで構成されているユースホステルとの合コンを企画しました。

渉外担当者は同好会の一番男前の部長にしてもらいました。

合コンの企画がまとまり、滋賀県で行いました。

滋賀県の小高い山で夜にカップルを作って、肝試しをしました。

当然夜の山は不安なので、大抵の女性から腕を組んでもらいました。

その日の夜はユースホステルで全員で泊まり、次の日は琵琶湖周辺の散策を行いました。

大津周辺が一番賑やかで、ミシガンなどの遊覧船に乗り、みんなでワイワイやりました。

最後のシメとして、京都市に移動して、居酒屋で宴会しました。

私を含め、何人かはその場で相手を口説き、カップルが成立しました。

まずユースホステルという共通の趣味があったこと、勿論旅行も好きな方ばかりなので、話もしやすかったです。

合コンを成功させるには、まず共通の趣味を持つ者達が集まり、普段から地道に活動することだと思います。

お酒を飲んでいても、飲んでいなくても、「今までどんな所に旅行行きましたか?」とか「普段はどんな活動をどこでしてますか?」などの話がしやすく、情報交換もできました。

 

結婚したい アラフォーの方にはおすすめですね!